芸人

藤本敏史の学歴や年収は?木下優樹菜と収入の差に驚き!?

フジモンの愛称でおなじみ、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さん

 

お嫁さんの木下優樹菜さんとは、結婚して8年経った今もなんだかんだラブラブ。そして二人のお子さんにも恵まれ、幸せの絶頂です!

もちろん、お笑い芸人としても的確で鋭いつっこみやギャグ等で安定した人気ですね。

 

そんな藤本敏史さん、木下優樹菜さんとの収入の差が驚きだという噂がまことしやかに流れています。

売れっ子ですし、年収もそれなりだろうし、そんなことないんじゃ?と思いますが、気になりますよね。

 

今回は、普段テレビでは明かされない、生い立ちや学歴と共に調査していきます!

 


スポンサーリンク


藤本敏史の生い立ちや学歴は?

引用:https://www.rbbtoday.com/

 

抜群のお笑いのキレと、圧倒的存在感(「顔でかいからや!」とツッコミが早速飛んできそうですが…(笑))で、人気バラエティ番組には欠かせない存在の藤本敏史さん。

その面白さはどこで培われたのか、まずは生い立ち、学歴から探っていきましょう。

 

藤本敏史 プロフィール

  • 名前:藤本敏史(本名)
  • 生年月日:1970年12月18日
  • 年齢:48歳(2019年7月17日現在)
  • 出身:大阪府寝屋川市
  • 最終学歴:大阪府立東寝屋川高等学校(現・大阪府立北かわち皐が丘高等学校)
  • 所属:吉本興業

 

藤本敏史さんの地元は、大阪府の寝屋川市です。

一番末っ子で、母親は周囲に「いらんこ」だなんて言っていたというエピソードもありますが、母親との関係は至って良好です。これは大阪の肝っ玉母ちゃんならではの愛情ともいえるでしょうね。

 

最終学歴は同じく地元寝屋川市の大阪府立東寝屋川高等学校です。

文化祭でコントをするなど、高校時代には既に進路をお笑い芸人に定めていた藤本敏史さんは、卒業後すぐにあのNSC(吉本総合芸能学院)に入学します。

 

そして、現在の相方である原西孝幸さんに出会い、ついにあの『FUJIWARA』が誕生するのです。

 

藤本敏史の年収は?

引用:https://www.j-cast.com/

 

FUJIWARAは、相方である稀代のギャグマシーン・原西さんの方が先に注目を浴びましたが、藤本敏史さんはトーク番組でのイジリ芸でブレーク。

今やコンビよりもピンで活躍している印象も強くなるほど人気を不動のものにしました。

 

そんな藤本敏史さん、年収も結構ありそうですよね!そこで、調べてみたところ…

 

年収は不明でしたが、月収は500万だそうです。

おっ、やっぱり結構もらってる!と思いがちですが…

 

所属事務所を思い出してください。そう、今話題の吉本興業です。

吉本興業は、ギャラのほとんどが事務所に取られてしまう事で有名ですね。

 

FUJIWARAのギャラは1番組あたり30~60万だそうです。つまり一人当たり15万~30万ほどになります。

しかし、取り分は若手だと1割、あのダウンタウンも5割の取り分だそうです。おのずとFUJIWARAは5割以下。(恐ろしい。)

 

藤本敏史さんはコンビもピンも冠番組がない上、出演番組も不定期出演が多いです。

 

一番芸人が稼げる営業の仕事も、藤本敏史さんは過去に「ルミネのワンステ16000円」と衝撃発言。

すると、一人で月500万は怪しいので、どうやら明かしたのは夫婦での月収でしょう。

 

にしても、あれだけ藤本敏史さんは売れっ子なのに…吉本興業は闇が深すぎです。

 


スポンサーリンク


木下優樹菜の年収は?二人の年収の差に驚き!

 

藤本敏史さんの給与事情を考えると、藤本家月収500万の鍵は木下優樹菜さんが握っていそうですね。

 

かつてはバラエティに引っ張りだこの木下優樹菜さんも、現在のレギュラーは「モニタリング」のみ。

では、一体月収500万はどこから?とお思いでしょうが、そこで、気になる噂を発見しました。

 

「木下はブログでそこそこ稼いでいる。結婚当初は木下の方が収入が上だったようで、家計を回せる自信があったからこその英才教育だったのだろう」(芸能記者) (リアルライブより)

 

そうなんです。つまり、木下優樹菜さんの圧倒的収益源は、ブログやInstagramといったSNSなのです。

木下優樹菜さんは人気タレントでフォロワーも多く、影響力があります。つまり、広告収入だけで莫大に稼げます。

 

噂によれば、月に広告収入だけで200万だとか。

 

ブログだけで年収2200万、日本の有名モデルは年収2000万ほどなので木下優樹菜さんだけで年収約4000万ですね。

そうなると、藤本家月収500万の内訳は木下優樹菜さんが350万ほど、藤本敏史さんは150万。

つまり、藤本敏史さんの年収は約1800万となります。

 

あくまでも予測ですが、二人合わせて年収約6000万です!

 

しかし、二人の年収にはなんと、驚きの格差ができあがってしまいました。

 

藤本敏史の学歴や年収は?木下優樹菜と収入の差に驚き!?まとめ

 

今回は、藤本敏史さんの経歴や年収をみていきました。木下優樹菜さんとの年収の格差にかなり驚きましたね。

やはりこれは吉本興業に問題がありそうです。実際に、今話題の闇営業問題について藤本さんはAbebemaTVでこのように発言しました。

 

「2年前かな。吉本の社長に言ったのよ、フットボールアワーとか華丸大吉とかとみんなで。ちょっと給料が少なすぎる、特に若手がかわいそうや」(エキサイトニュースより)

 

自身も苦しいだろうに、後輩のために行動を起こすなんて素敵です。

木下優樹菜さんも、こうしたところが藤本敏史さんを好きな理由なのでしょう。

 

年収に格差はあっても、夫婦の愛に格差はありませんね

 

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 


スポンサーリンク